スポンサーサイト

  • 2013.06.11 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    友人からのメール

    • 2011.02.11 Friday
    • 07:31
     

    先日、友人から転送メール。

    一回読んだだけで涙がこぼれてきました。

    とても心にしみる話だったので

    よかったら読んでください・・・。





    「いのちをいただく」
    西日本新聞社より

    ======
    その絵本の帯に、一人の名も無い主婦のメッセージが書かれていた。 

    「朗読を聴いて、うちのムスメが食事を残さなくなりました」

    絵本に食肉加工センターの「坂本さん」という人が登場する。

    実在の人物である。

    坂本さんの職場では毎日毎日たくさんの牛が殺され、その肉が市場に卸されている。

    牛を殺すとき、牛と目が合う。

    そのたびに坂本さんは、

    「いつかこの仕事をやめよう」と思っていた。

    ある日の夕方、牛を荷台に乗せた一台のトラックがやってきた。

    「明日の牛か…」と坂本さんは思った。

    しかし、いつまで経っても荷台から牛が降りてこない。

    不思議に思って覗いてみると、10歳くらいの女の子が、

    牛のお腹をさすりながら何か話し掛けている。

    その声が聞こえてきた。

    「みいちゃん、ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ……」

    坂本さんは思った、

    (見なきゃよかった…)

    女の子のおじいちゃんが坂本さんに頭を下げた。

    「みいちゃんはこの子と一緒に育てました。

    だけん、ずっとうちに置いとくつもりでした。

    ばってん、みいちゃんば売らんと、お正月が来んとです。

    明日はよろしくお願いします…」 

    (もうできん。もうこの仕事はやめよう)

    と思った坂本さん、明日の仕事を休むことにした。

    家に帰ってから、そのことを小学生の息子のしのぶ君に話した。

    しのぶ君はじっと聞いていた。

    一緒にお風呂に入ったとき、しのぶ君は父親に言った。

    「やっぱりお父さんがしてやってよ。

    心の無か人がしたら牛が苦しむけん」

    しかし、坂本さんは休むと決めていた。

    翌日、学校に行く前に、しのぶ君はもう一度言った。

    「お父さん、今日は行かなんよ!(行かないといけないよ)」

    坂本さんの心が揺れた。

    そしてしぶしぶ仕事場へと車を走らせた。

    牛舎に入った。

    坂本さんを見ると、

    他の牛と同じようにみいちゃんも角を下げて威嚇するポーズをとった。

    「みいちゃん、ごめんよう。

    みいちゃんが肉にならんとみんなが困るけん。

    ごめんよう」

    と言うと、みいちゃんは坂本さんに首をこすり付けてきた。

    殺すとき、動いて急所をはずすと牛は苦しむ。

    坂本さんが、

    「じっとしとけよ、じっとしとけよ」

    と言うと、みいちゃんは動かなくなった。

    次の瞬間

    みいちゃんの目から大きな涙がこぼれ落ちた。

    牛の涙を坂本さんは初めて見た。


    僕たちは大切な命をいただいて
    生かされているんですね。

    「いただきます」や「ごちそうさまでした」

    心を込めて言いましょう


          





    スポンサーサイト

    • 2013.06.11 Tuesday
    • 07:31
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      うーん、ウルウルきました。
      「いただきます、ご馳走様」は大事だよねえ。
      お味噌汁に入ったタマネギが嫌いで、食べたくなくて、
      父親にものすごい勢いでしかられた子供の頃を思い出します。
      うちの息子は食べるのが遅かったくらいで、
      「残すな」としかることはあまりなかったけれど、
      子供って聞いてないようで、親が言う事ちゃんと覚えてるんだよね。青梗菜を怖がったやじさんの知り合いの子の話、
      なぜかうちの息子覚えてます(笑)。

      • なん
      • 2011/02/13 10:58 PM
      なぜか名前が「なん」になっちゃったよ。(ちび丸子風)
      • なんじゃく
      • 2011/02/13 11:00 PM
      やじさん〜〜
      ステキなお話ありがとう〜
      心がジ〜〜ンときたぁ〜〜

      なんでも手に入る世の中。。
      当たり前にスーパーに並んでいて忘れがちな事
      自然の恵みに、
      私たちの手元に来るまでに携わった人たちに、
      感謝し、いただく事
      改めて「いただきます。ごちそうさま」に心こめて言わないといけないね〜〜
      • anouk
      • 2011/02/16 12:36 PM
      あっ、いたわ!青梗菜怖がる子!
      でも、名前が思い出せない・・・。歳だね。
      なんじゃくさんのお父さんが福井弁で娘の名前呼ぶ声が耳に残ってて、時々高浜〔一応福井県だから)でも福井出身の方とお話するときに、ふとお父さんの声を思い出します。
      多分、私の名前とおねえさんの名前が同じだからかなぁ

      余談だけど、私もブログのコメントの時にやじさんとかいたつもりが”や”としか書いてなかったことがありました。
      ”なん”とかいてあるのを見て、なぜかホッとしたわ〜
       

      • なんじゃくさんへ
      • 2011/02/17 10:01 AM
      anoukさんへ

      家で牛や鶏飼ってた時代は(うちの母の実家綾部では私が小学生の時まで牛や鶏がいたよ!)命をいただくという感覚が暮らしの一部分やったから、当たり前に感謝の気持ちで”ごちそうさま””いただきます”言えたんやろね。

      今は便利になって豊かな世の中だし、楽しいと思うことや良いことも沢山ある。

      だけど、時々辛い気持ちが止まらなくなるときがあるのは
      何でかな?っていつも思ってた。
      お金で好きなもの買ったり、美味しいもの食べたり、お喋りして騒いでもまだ心の中に残ってる感じ。
      高浜に来て気づいた事。
      人と人との関係には限界があるなかなってこと。
      私のように、人に依存(どうにかしてほしい!とか頼る気持ち)し続けていた人にはやっぱり海や山〔自然)の中で過ごすことが一番必要だったのかなって。
      ”もう嫌だ〜!”から”そうそう、どうしても今は嫌なんやなぁ〜”に移行したって感じかな。




      • やじさん
      • 2011/02/17 10:53 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM